思う事・日記

改めて「メキシコの漁師」を読んだら学びが多かった

人生なんか上手くいかない‥
辛いけど頑張ってる‥

どうです?「人生に疲れたな~」って思う時はあります?

僕はあります。

僕は人生を豊かにするために行動したつもりなのに
努力する方向性が間違って、苦労をする人生になりました。

「もう何をするのもダルイ‥」と思ってます。

そんな状況の中、久々にニートの歩き方を読んで
メキシコの漁師の話を久々に読んで心が軽くなったので

本日はメキシコの漁師の話を書いていきます。

「メキシコの漁師」は、こんな話

メキシコの田舎町の海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に素晴らしく生きがいい魚をとってきた。 それを見たアメリカ人旅行者が尋ねた。

旅行者:すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの?
漁師:そんなに長い時間じゃないよ
旅行者:もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいな漁師:自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だ
旅行者:それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの
漁師:日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。 そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。 自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。 その頃には君はこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。 きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ

漁師は尋ねた。
漁師:そうなるまでにどれくらいかかるの?
旅行者:20年、いやおそらく25年でそこまでいくね
漁師:それからどうなるの?
旅行者:それから?そのときは本当にすごいことになるよ
旅行者:今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ
漁師:それで?

旅行者:そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう?

要約するとこうなる

簡単にまとめるとこうなる

  • 生活に必要な物(金・食料)は効率よく手に入れない?
  • 自分の価値観を大事にする
  • 働かないで楽をするのもあり
  • 頑張って働くのもあり

何が幸せなのか?は、自分で決めるもの
自分の価値観は他人に押し付けるものじゃない

僕はブラックジョーク感があってスカッとするから「メキシコの漁師」は好き(笑)
と言っても働かなければOK‼って話でも無く

旅人さんの言う通り、大金を手にして自分と同じように自由に過ごす人を増やしていきたい!だから頑張る!って考えるのもあり。

漁師さんのように家族と友人とのんびり過ごすのもあり。
何を大切にし、どんな価値観を持つかは人それぞれ自由なんですよね~

楽して生きれるわけでもない

楽をしたいからメキシコの漁師を見習って生きる!

と考えて20~28歳までニートを生きてたけど
実際、楽をするために生きるのも楽じゃなかった。
多分、他人の考えた価値観で生きようとしたから苦しかった。

楽をして生きるのは間違いじゃないけど
僕みたいにニートを目指して生きるとなると
明らかに他人とは違う生き方になる。

そして、他人と違う生き方を良しとしない人に
自分が楽に生きるのを邪魔されたりする。

人と違う生き方をして、楽をしたい人努力して生きている人も
方向性は違うけど違った努力が必要
なんだよね‥