エッセイ

頑張り屋さんの落とし穴の話。努力すれば伸びるけど、休みながらね?

どうも!とうまさんです!

3年前ほど前、自己啓発本を読んでいたり
SNSを読んでいて結果を出している人は

口をそろえて‥

「結果が出ないのは、努力が足りないから!」と言っていた。

何も考えないで行動していた時の自分は
結果が出ないわりに体力、精神共に疲弊していました。

少し考えればわかるわかる事だったけど‥
結果を出している人の真似をしたからって

必ず上手くいくとはかぎらないみたい‥

聞くブログはこちら♪

頑張りすぎ?の人は休むのを忘れやすい

先日こんなツイートをしました。

僕は自分に対して

頑張れ!頑張れ!
できる!できるぅぅ!

呪文のように唱えて頑張っても結果が
自分の想像どうりに表れるはずもなく
自分に対して頑張れ!と言っていても

焦りが生まれて次第に鬱になっていた。
消耗しきった状態で何をしても良い結果がでるはずもない

人によるでしょうけどね?

頑張ると言わないのが大事

何やっても上手くいかない感覚になっている人は
既に頑張ってしまっているかもしれない。

その事をきづかせてくれたのは
コメコナンさんでございました

勝手に紹介するのもダメかな・・と思ったので
DMを送った所、心よく「いいですよー」って言ってもらえました

「頑張れ」って良い言葉じゃないかも?

考えている事に共感できるコメコナンさんが
こんなことを言っています

「これ以上何を頑張るんだよ」
「頑張れってじゃあ何を頑張れば良いの」
頑張っていますし、何を頑張れば良いのか教えないならいうな!!!
となるからです。
何を頑張れば良いかなんて、自ずと自分が探し当てるのですが

でも本当に嫌!私が嫌!
みんなとのお約束!!!笑

コメコナンの自己紹介より引用

僕も昔から「頑張れ」って言葉は苦手でした

自分では頑張っているつもりなのに結果がついてこないし
悪い方向に行くことが多かった・・からね。

頑張っていないように感じるだけで頑張っているかも?

Twitterにてコメコナンさんと交流するようになってから
ふと‥したときにリプで「私は頑張るって言わないようにしています」

と返事が来た時に気づいた

「僕は頑張っていた‥のか・・?」 と

2020年になってから

気づかぬ内に張り詰めていた事にもわからぬまま
気分だけ下がる状態が続き鬱々としていた
原因もわからなかったけど

僕は‥頑張っていたようだった。

頑張るって言わない方が良いかもね

自分は頑張っていないつもりでも
客観的にみたら頑張っていたりするよね

体力がなくなっているのに頑張っても
結果でなかったりする

鬱の原因になってしまうかもしれないよ?

一回、頑張るっていうのを辞めてみると
スゥゥっと軽くなる感覚になったら

もう「頑張る」って言わない方がいいかもね。

さいごに

今だに「自分って頑張っていないのかもしれない‥」と思いこんで

「もっと頑張らないと!!」と思ってしまう

しかし、嫌な事しても楽しい事をしてても体力を使う
嫌な事をしてると体調に表れやすいから

気をつけなきゃいけないのは
楽しい事をしているときだったりするかもね!

自分は頑張っているって事は自分じゃわかりにくいから
「頑張る」って言葉は使わない方がいいかもしれないですねー

ちょっと待って?

今回、紹介させていただいた
コメコナンさんは、エッセイを書いている方でございます。

コメコナンさんの最新記事はコチラ

コメコナンさんのTwitterもフォローはコチラ

ここまで読んでいただき
ありがとうございましたー!

コメントは公式LINEにお願いします('ω')ノ 友だち追加