エッセイ

木村花さんが亡くなったのを受けて学んだ事

どうも、とうまさんです。

はじめに

不謹慎動画のような事を言う事もなく
だれが悪い!と声を荒げる記事じゃございません。

ざっくり概要

2020年5月23日。木村花さんが自殺

人気番組テラスハウスの件について
Twitterに中傷が殺到(中傷していたアカウントが消えていた)
木村花さんの母にも、中傷まがいのツイートをする人がいた。

中傷する人は殺人者になるかもしれない

言葉は凶器になるようで
度々、著名人が中傷をきっかけに自殺する事がおきている。

優しくてネガティブな思考をループさせる人にとっては
SNSの心無い人の声も真に受けてしまいそうですね

コロナウイルスが猛威をふるって外出が出来ない時期の
中傷は人を殺すことができる言葉のようです。

もう一度、書きます

中傷する人は殺人者の自覚も持っておいた方が良いかもしれない

しかも気軽にね?

とは言え、部外者は、何も言わなくて良いかもしれない

木村花さんのTwitterのリプ欄を確認したら

中傷した人に対して
「どう?人を殺した気持ちは?」
と言う人がいました。

間違いないと思う反面
少しコワイと思ってしまいました。

新たに自殺する人が現れるような事態は避けたいのに

中傷する人に追い込みをかける人が居るのが居る。
自分は正義!と思い込んでいるのかな・・?

人を裁くのは法律だけ

法律に関わる人以外、人は裁けないのが日本
ましてや、SNSにいる人だけの人が裁けるはずもない

木村花さんの母が法的処置にて
中傷した人を裁くのはいいでしょう。

結論、余計な事をする必要はない

法律を使って中傷する人に地獄を見せる方法がある‥

牢獄にいかなくても
人を裁く方法があるみたいです

損害賠償を請求
中傷する人を仕事で稼げなくさせる
非免責債権請求(例え破産しても払わなければいけないお金)

詳しくは
【ネットで誹謗中傷して訴えられるとどうなるのか?【アニメ】にて】

まとめ

「時代の流れ的に中傷を辞めておけ」
「合法的に殺されるよ?」

と言いたいのもある。

もしかしたら
動画の内容がフェイクニュースの場合もある。

詳しいことはわからないし、
わかりたくないな‥と思うわけです。

【主張】ネットを使ってしたい事は助け合い。

この主張は誰の記憶にも残らないかもしれないけど
僕はネットを使って言いたいのは

SNSなどを使った助け合い。

ネットを使えば悪い事も出来るけど
良い事だって効率よくできる便利ツールだと思っている。

故に、フォロワーさんを増やして‥
自分の言葉に影響力を持ちたいと考えている

(いつになるかはわからないけどね)

ここまで読んでいただき
ありがとうございました!