人生

学力の上がりそうな読み聞かせを試してた話【インタラクティブ読書】

とうま
とうま

賢くなる読み聞かせ
(インタラクティブ読書)
を試した話だよっ

自分から読書する方がいいって言われているけど
読み聞かせでも効果はあるようで子供がいる環境で
どーーしても試しても試したくて試しました。

今回の記事では

  • インタラクティブ読書を試すた結果
  • 読み聞かせで想像力が上がりそと思う理由
  • じっとして聞いてくれない子の対応
  • 読み聞かせの「つかみ」が上手くいく方法

が書いてあります。

ご都合に合わせて動画をどうぞ

学力の上がりそうな読み聞かせを試してた【インタラクティブ読書】

今回インタラクティブ読書をしようと思った
きっかけがメンタリストDaiGoさんのYouTubeの動画で
インタラクティブ読書するとIQが上がるよーとの事。

絵本を片手に道場に入って休憩中に
ササっと読み聞かせをする様は
かなり異端者だったから回りはキョトンとしてたけど。

読み聞かせをした経験が2回だし下手だから不安だった

母がボランティアで読み聞かせをしてて
小学校に読み聞かせしたことはあったけど

子供に

「表情がない~」

と言われてから

読み聞かせと疎遠になっていたから心配だった
(感情欠落している顔面らしい

読み聞かせが下手なのは既にわかっているから
難易度の高すぎない質問をいくつか準備して
子供の回答を全力で褒める事にした

小学生までなら読み聞かせで想像力は上がりそうな理由

さっそく読み聞かせしようとしたら
子供に持ってきた本を奪われて自分で読み始めていた

幸い子供には嫌われている感じはないけど
僕の事を大人でなくて大きな友達として見られているから
進行が難しくなった。

「あ…ネタバレしてしまった…」

とうま
とうま

読み聞かせが上手でないから
通常の読み聞かせで戦えないのに
一瞬でハードルが上がった

普通の読み聞かせをするわけじゃ無いから問題ない

インタラクティブ読書は
読み聞かせる相手に

とうま
とうま

「この後、オオカミさんはどうなると思う?」

と質問するもの。
事前に準備した質問の大半が出来なくなり
僕も全力で質問を考えた。

インタラクティブ読書は読み手のIQも上がりそうだなと
肌で実感する瞬間であった。

必死に考えて質問に応えてくれました

僕の持って行った「おおかみだぁ」は
横にしたり縦にしたりして進行する絵本

おおかみを谷から落とそうとしたとき
本を逆さにすると助かりますよーって話

僕は普通に読み聞かせを始めて
子供が

「もう知ってるよー!」

と言うタイミングで

とうま
とうま

「じゃあオオカミさんはどうしたら崖に落ちなくて済む?」

と質問。活発な子がトンチンカンな回答に対して

僕は全力で褒めると後に続く子が
面白い回答が飛び交う状況になっていた。

じっとしていない子にも読み聞かせが上手くいくかも?

今回の経験を経て読み聞かせでじっとしていない場面で
読み聞かせをする人のちょっとした工夫で
聞いてくれるようになるかも?と思いました

インタラクティブ読書で
質問をして子供に考えてもらう形であれば
主体的に聞く事ができるから飽きにくい印象。

あえて、動きながら聞いてもらうのもありかも

じっとしていられないなら
動きながら絵本の登場人物の事を
身振り手振りで答えてもらうのもありかも

僕がインタラクティブ読書で読み聞かせした子は
元気の良い子供で稽古中に飽きたら遊び始める感じだけど
読み聞かせの時は正座して聞いてくれました。

自分がストーリーを考える方が面白いのかな?と思いました。

【まとめ】読み聞かせのつかみもインタラクティブ読書ならうまくいく印象

インタラクティブ読書なら小学校での読み聞かせはわからないけど
少人数の読み聞かせは上手くいく!と確信
なんせ…

  • 読み聞かせ経験2回
  • 読んでる時に棒読み

の僕が読み聞かせで つかみ が上手くいったからね…

道場で日頃から子供との関係向上の工夫はしてるから
全く初対面の子供に通用しないかもしれない
けど親子間ならインタラクティブ読書で読み聞かせすると
夢中になって聞いてくれそうですね!