仕事

セラピストは副業でないとコスパが悪い理由

セラピストって良い仕事なんですよ
施術が終わった後に面前で「ありがと」って言われると
「もっと頑張ろ!」と思える

しかし、セラピストは副業にするのを強くオススメします

人から「ありがとう」って目の前で言われる仕事って
中々ないもので良い仕事だと思っています

けど、僕はセラピストは副業にする方が丁度良いです
セラピストを本業にしようとして消耗して辞めました

未経験から3年ほど業務委託のセラピストとして働いた
新規OPENの店の未経験で仕事を始め初月は月で2万
他のバイトが続かないから続けるしかないのと

やりがいはあったから辞めなかったけど
正直、収入的には地獄でしたね

加えて業務委託の形だと本業にする難易度が更に上がります
1人の人に全力をつくして施術するのには限界がある

一時期、もみほぐし2980円の店が増えてたけど
個人で稼ぐのに限界があるからね

本業として仕事しているベテランの人が
1日15時間、週6で35万。時給だと900円ほど
完全に無理ゲーですね

デメリットもメリットも大きい仕事なので
本業として考えないで副業としてセラピストをする
メリットをまとめます

セラピストは副業をオススメする

未経験で始める時は「無料研修あり」が絶対に良い

業務委託セラピストの手取りに限界を感じて
業界トップ2社の面接へ行った時に
「研修費なんですけど払えます?」とのこと

当時、お金がなさすぎて諦めました

大手だと研修受けるのに研修費を払う必要があるし
合わないかもしれないものに研修費を払うのはもったいない

業務委託セラピストだと人が居るに越したことはない
未経験で研修無料の場所で研修をしまくる方が良い

正解は無い!【相手が気持ちよくなればOK】

お客さんに怪我をさせてしまうのを避ければ
相手が気持ちいいと感じれば良いもの
治療が目的の人が稀にいるけど

治療はセラピストの仕事じゃない
一生懸命やってみてダメなら諦めるぐらいでOK

と言っても自分の施術スタイルを一本作るべき
お客さんの好みは大きくわけて4つ

  1. 強く押し
  2. 弱く押し
  3. 話たい人
  4. 話したく無い人

「リラクゼーション一本で生活していくんだ!」

って人は客の全ての需要に70点以上を目指さ無いと厳しい

これが苦手だからやら無い、でき無いタイプは

本業として働くのはオススメでき無い

言い換えれば副業としてやるなら苦手なタイプは55点にして

満足も不満も無い状況にすれば深刻なクレームをもらわ無いから

得意な客のタイプを攻めるのはあり!

待っているだけでは収入に繋がら無い

集客の良い店舗に配属しているなら

先ほど書いた苦手なタイプを回避し

得意なタイプの人にアプローチをかけやすいけど

集客が悪い店舗では悠長な事を言ってると

完全歩合の場合8時間いて日給3600円なんて事も十分ありえる(1日2人)

所属店舗を離れられ無い理由があるなら

集客・営業力を鍛えるしか無い

集客が悪い店で1人60分1800円の単価では

副業でも効率悪すぎるのだ。

友達をお店に呼ぶって人もいたけど

個人で3000円もらう方が圧倒的に効率がいいから

こうなるとお店で集客し個人のお客様にした方が良いけどね!

一応1日8時間働いて28万を目指せる

見出しの数字は「週5日毎日8人施術する」のが条件

※1人1時間施術で1800円

※8人のもみほぐしを休まず働いて1日14000円

※ 金土日+平日2日

よほど腕が良い人(営業力含め)でないと厳しい

始めたばかりの初心者は集客にもよるけど

フルタイムで頑張って10万いけばいいかな?と考えていた方が現実的

週6、7で入ったら集客が多少悪くても手取り20万いく可能性あり 

まとめ

  1. 初心者にはお客様がつかない
  2. 正解が無い
  3. 待っているだけでは稼げ無い

 以上3つの理由から業界未経験の人は副業として考えようって事

副業で小遣い稼ぎとしてやるなら技術さえ覚えれば忘れにくいから

手技を覚える

店舗で集客

自分のお客様にする

 規約で店の客を個人の客にするのがNGの所があるから

上手にやりくりしないと仕事を契約打ち切りになる